発達障がいとは

 発達障がいは、生まれつきみられる脳の働き方の違いにより、幼児のうちから行動面や情緒面に特徴がある状態です。そのため、育児の悩みを抱えたり、お子さまが生きづらさを感じたりすることもあります。育て方や家庭環境が原因ではありません。

 

 発達障がいがあっても幼児期から特性に応じた療育を受けたり、家庭や集団生活での環境を工夫したりすることで、本人が持っている力を活かしやすくなったり、日常生活の困難を軽減させたりすることができます。

音楽が療育に良い!?

 音楽を聴くことや演奏することは脳全体が刺激され、様々な良い影響が出ることが科学的に分かってきました。医療の現場で使われることも増えています。

 

1994年から3年間にわたって、カナダのモントリオールである研究が行われました。

3年間ピアノのレッスンを受けた子どもと、そうでない子どもを比較した結果、言語・空間認知・数字、すべてにおいてレッスンを受けた子どもが優位だったそうです。

 

 脳機能の働き方によって生じる発達障がいには、脳全体を刺激するクラシック音楽等の質のよい音楽が良いといわれています。

発達障がいの特性

お子さまの『こまった』を多方面からサポート

手先をつかう

指先を使う鍵盤あそびは、手先の巧緻性を高めお箸や鉛筆の練習につながっていきます。息を吐く事でことばの上達にも効果的です。

着席に慣れる

小学校準備として集中して椅子に座る時間も大事にしています。興味を持って楽しくお話が聞けるように工夫しています。

真似から始まる

打楽器を使い、指導員の真似をしながらリズムあそびをします。真似をすることで『他者意識』『集団行動』へ発展していきます。


えんぴつを持つ

ご心配の声が多い運筆は、プリント教材などを使用しお子さまの手先の発達に合わせて練習を進めていきます。鉛筆をもつ前の段階から丁寧に進めていきます。

 

右脳への刺激

脳の発達に有益な高速でめくられていくフラッシュカードやことばカードなどは毎回使用し、たくさんのことばをインプットしていきます。

発語の練習

シンフォニー 母音カード

音楽やリズムにことばを乗せ、相乗効果による発語の促しを行います。個人差があるので発達に合わせて進める事を大切にしています。


乳児レッスンについて

療育は早期からスタートするほど効果的です

座位がまだ取れない3歳未満のお子さまには午前開講の親子ペアレッスンもお薦めです。

 

脳の神経細胞は0~3歳の間に急速に進み、3歳で80%が完成するといわれています。早い時期から療育をはじめましょう。

 

生演奏を聴いたり、ふれあい体操や音楽リトミックなど、この時期ならではの療育を楽しんでください。

ペアで参加していただくことにより、ご家庭での場面に応じたお子さまへの接し方などもお伝えできます。